salon de OJAS
大阪*女性ホルモン整えサロン サロンドオージャス
女性ホルモンバランスプランナー養成講座 について▶▶



コンセプト

自分を愛し、人生と向き合うきっかけをくれたのが子宮の病気でした。

今思えば、20代の頃から女性ホルモンに振り回されることがたくさんありました。

生理前になるとジャンクフードへの食欲が抑えられなくなったり、仕事がいつものように出来なくなったり、
子どもや周りの大切な人にイライラをぶつけては後悔して落ち込む、
しまいには子宮の病気(子宮頸がんの一歩手前である高度異形成)にまでなったり、、

「女性に産まれて人生損している・・・」そう思っていたことすらあります。

しかし、子宮の病気になったことがきっかけとなり、
自分と向き合おうと決めると人生が好転していったのです。


女性ホルモンを学んでみると、身体と心が大きく関係していることを知りました。

振り返って考えてみると、
私は長い間、自分を大切にすることや自分を愛する意味がわかりませんでした。

心の奥にいつも「愛」に対して不安があり「こんな自分は愛されるはずがない。」という思いが、
常にうっすら心の底に漂い続けていました。
だけどそれを補うように明るく笑顔で強くみえるように生きてきた私は、
表面上それなりにはうまくやれているつもりでした。

ところが、
どんなにたくさんの友達がいても、パートナーがいても、結婚しても、子どもを産んでも

いつも不安で自信がなく
いつも寂しさが消えることはなく

仕事も人間関係も、子育ても夫婦関係も、
どんなに頑張っても満たされる感覚がなく、幸せを感じることができなかったのです。

まだまだ私の頑張りが足りないんだ、私ができていないからだ、とまた頑張り続けて、
ついには限界を迎えて、子宮頸がんの一歩手前にまでなったのだと感じました。 


自分を愛して、自分と向き合う人生を生き始めると、
健康だけでなく、子育てや人間関係、パートナーシップにおいても、
幸せを感じることがとても増え、人生が好転し始めることを実感しました。

もう少し早く気づきたかった・・・

もっと早く気づくことで、子ども達にあんなにイライラをぶつけることもなかったかも、、
という後悔の思いもありますが、

もしも、全ては必要な経験だったのだとしたら、
私の経験が、誰かの幸せに繋がるきっかけになればいいなと思っています。